尼崎で1つ!! 手話を広げて ひとりぼっちをなくそう

協会概要

協会概要

  • NPO法人尼崎ろうあ協会とは・・・

  昭和61年10月12日 尼崎ろうあ協会創立

「障害者の生活と権利を守ろう」「ひとりぼっちのろうあ者をなくそう!」を合い言葉に尼崎ろうあ協会が結成されました。平成2年に事務所が設けられ幅広い活動の拠点となりました。

  平成6年1月4日 無認可小規模作業所 たつのこ作業所設立

尼崎ろうあ協会事務所に、聴覚障害者の就労に関する相談が多くよせられたことをきっかけに、作業所設立への取り組みがはじまりました。聴覚障害者団体の運動によって設立された小規模作業所は全国で初めてです。

  平成7年1月17日 阪神淡路大震災

たつのこ作業所に「兵庫県聴覚障害者救援対策阪神支部」が設置され、ろうあ協会会員をはじめ、たくさんの通訳、ボランティアの方たちと共に被害地をまわり、救援活動を行いました。

  平成11年12月20日 第2たつのこ作業所設立

震災時の活動がきっかけで、たつのこ作業所の認知が広まり、通所希望者が増えたため、第2作業所が設立されました。下請け作業なども行うようになりました。

  平成16年3月26日 尼崎聴覚障害者センター設立

通所者の増加と、将来的に聴覚障害者の総合的な支援施設を作って行きたいという展望により、まずは尼崎聴覚障害者センターという作業所を設立することになりました。

  平成20年3月24日 尼崎ろうあ協会が特定非営利活動法人に!!

障害者自立支援法が施行される中、作業所の運営をより安定したものにする為、また社会的にも信頼される団体になる為に、尼崎ろうあ協会が特定非営利活動法人を取得する事となりました。

  平成20年4月より指定事業所として開業!
 たつのこ作業所⇒就業継続支援B型事業所『たつのころうあハウス』
 第2たつのこ作業所⇒地域活動支援センター『たつのこ工房』

  平成24年4月より尼崎聴覚障害者センターをたつのころうあハウスに事業総合

目的

この法人は、聴覚障害者に対する社会一般の認識を深め、その自立支援・社会参加を促進するため、聴覚障害者をはじめとする広く市民の福祉の増進に関する事業を行い、もって社会福祉の発展に寄与することを目的とする。

事業

【特定非営利活動法人に係る事業】

  1. 障害者自立支援法に基づく事業
     障害福祉サービス事業
     地域活動支援センター事業
  2. 手話指導と手話通訳者派遣に関する事業
     手話奉仕員養成・手話通訳者養成・学校への手話講師派遣
     学校・講座などへの手話通訳派遣
  3. 生活相談及び生活支援に関する事業
     障害者の生活・自立支援等に関する相談
  4. 聴覚障害者についての広報・啓発に関する事業
     尼崎手話サークルフォーラム
     各専門部の学習会
     難聴学級児童との交流会
     手話学習会の実施
  5. 聴覚障害者の文化教養レクレーションに関する事業
     クリスマス会
     ボーリング交流会
     バーベキュー交流など
  6. 災害復興支援に関する普及啓発事業
     学習会、避難所マップ作成

関係団体組織

  • 全国重複聴覚障害者連絡協議会
  • 公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会
  • 尼崎市聴力障害者福祉協会
  • きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional